2022 Fall / Winter Collection
“GRADATION”

⼀瞬の変化で姿や形を変えるもの。
少しづつ時間をかけて姿や形を表すもの。
例えば私達の感情や⽬に映る⾵景。
そこにあって当たり前ではないグラデーション。
⽇常の中で出会う時に⼤胆に時にささやかな変化。
それはあなただけの。
私たちだけのグラデーション。

先行予約は終了いたしました

2022/4/15(Fri.) - 2022/4/19(Wed.) の間に
先行予約いただいた方へ先着でedenworksとの
コラボミラーをプレゼント。

実際に展示会場で装花したお花とコレクションで
使用したレースをミラーに使用しています。
22FWコレクションを象徴するグラデーション生地の
巾着と一緒にお届けいたします。

Behind the scene

“GRADATION”

2022年秋冬コレクションは、移りゆくもの・段階的な変化にフォーカスした。

直近数シーズンは感情や気持ちにフォーカスをすることが多く、デザイナー村松と関口は⽇々の暮らしの中で自身の感情を⾒つめ直すことが多々あった。

今⽇存在したものは明⽇には違う姿形を⾒せる。
変化は常に私達の感情や景⾊に彩りを与えてくれる。変化を恐れずに受け⼊れること。
つい⾒落としてしまいそうな、⽇常の中に潜む「変化」にある素材やディテール、⼀着⼀着へかける想いを通してMURRALらしさを伝えます。

ブランドのシグネチャーであるオリジナル刺繍を施したレースシリーズは、富⼭県の⼯場に刺繍を依頼。
デザイナーが⼿描きで仕上げた刺繍デザインを、職人の手によって⼀つ⼀つ丁寧に繊細に織り込まれていく。

秋冬コレクションは、刺繍の柄のモチーフに⼆種類の花を選んだ。
上部部分に施した花は「願い事」を花⾔葉にもつペンタス。裾部分は「⼩さな愛」を花⾔葉にもつセントポーリア。希望が降り注ぎ⼩さな愛に出会う。そんなグラデーションのようなストーリーを刺繍に込めている。

また、秋冬コレクションでは定番の”Framed flower”シリーズに加え、刺繍レースを全⾯に施した”Everlasting”シリーズが初登場。
Everlasting=「不朽・不変」という言葉の通り、いつの時代も存在し続けるアイテムでありたいという想いをこめた。

雪解けのグラデーションから着想を得てデザインされた”Thawing”刺繍シリーズは、今回のコレクションを象徴する。

季節の移ろいと共に降り積もった雪が溶け新しい季節が訪れ始める。 そんな⾃然の営みが⽣み出す変化を、60年前の資料から着想を得た収縮刺繍加⼯という刺繍技術で表現。
⼟台布と収縮布を貼り合わせた上に刺繍を施した後、収縮布に熱を当てて縮める事で表⾯に凹凸のある⽴体感を⽣み出している。

また、”GRADATION”のエッセンスを反映させたニットアイテムが多数登場。

澄んだ⽔⾯に映った⾵景。
"Water mirror / ⽔鏡"シリーズは静と動が混ざり合った、まるでグラデーションのような光景がイメージソースとなった。
ローゲージの5Gで編み⽴てており、モヘヤの起⽑⽷、モヘヤのモール⽷、ウールの紡⽑⽷など、1着に8種類の⽷を使⽤している。

”Sway knit”シリーズは、ミドルゲージの7Gで編み⽴てられた⽴体感のコントラストが美しい。

微かな⾵が吹き⽔⾯が揺れ動く。そんな些細な⼀瞬の景⾊のグラデーションをニットのテクニックを⽤いて表現している。

感情の移り変わりを表現するために、教会の存在も欠かせない。
村松と関口はグラデーションを紐解いていく中で、教会に訪れる。その壮大な佇まいに感情が溢れ出る様を教会に重ね、デザインに落とし込む。

北欧織りの一種である"MONK'S BELT"(修道士のベルト)で仕上げた”Monk’s belt”ニットシリーズは、そんな教会から着想を得て生まれた。

その他、秋冬のエッセンスを加えた定番シリーズもラインナップに並ぶ。

2022/4/15(Fri.) - 2022/4/19(Wed.) の間に
先行予約いただいた方へ先着でedenworksとの
コラボミラーをプレゼント。

実際に展示会場で装花したお花とコレクションで
使用したレースをミラーに使用しています。
22FWコレクションを象徴するグラデーション生地の
巾着と一緒にお届けいたします。

先行予約は終了いたしました